ゆるすということ

彼女は年上である男性の部下を、許せなかった。

遅刻は日常茶飯事。
社内でも眠そうな顔で、ぼっとしている姿を見るたびに、
うだつの上がらないその男を、いつも感情的に叱り飛ばしていた。

会社から、居なくなって欲しいと、心の底から思っていた。

自分がいつもイライラしているのは、
その男の所為だと思っていた。

 

ある時、彼女は、知人の見舞いに病院に行った時、
偶然その部下に会う。

部下は、包帯でぐるぐる巻きになった子供を抱えていた。
聞けば、その子は生まれた時から難病にかかっていて、
長く生きたとしても、20歳が限界だと言う。

そして、奥さんは3年前に他界されていて、
2人の子供の世話を、ひとりでみているそうだ。

彼女は、自分を責めた。
社内でのマイナス面ばかりに目がいき、

何故彼の状況を、理解してあげなかったのだろうと・・・

 

次の日から、彼を見る眼は変わった。

遅刻している等の状況は、
会社に属している以上、評価は上げられないが、

彼を何とか背後で、カバーしてあげようとする気持で接した。

 

それからは、部下の遅刻も徐々に少なくなり、
やる気を持って、仕事に取り組む姿が見られた。

そして、そんな部下を許すと同時に、
彼女のイライラも無くなっていた。

 

理解をし、許す事で、
マイナスに使っていたエネルギーは、
プラスに使われるようになる。

そして、その大切な事を気付かせてくれた部下に、
感謝の気持ちさえも湧いてきた。

明るくなったその部署は、
以前より、活気で溢れかえっている。

 

 

きっと良い日になるでしょう

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

ゆるすということ” に対して1件のコメントがあります。

  1. M・F より:

    SECRET: 0
    PASS:
    人って、不思議ですよね。
    たった一つの出来事で、ものの考え方がガラっと変わってしまう。
    あとになって、しまった!と思いながら反省しているのだから・・・。
    全てを理解するのは不可能だけど。でも、やっぱり。・・・何かをする前に、一呼吸おいてみたいと思います。そんなに怒ったってしょうがないように思うのは、私だけでしょうか?

メッセージはお気軽にどうぞ