ラットレース

愛

 

やりたくもないのに頑張って、
心のラットレースを続けてしまう。

だから、頑張って自分を満たそうとしても、
すぐにまた、何かが欠けていると心が叫び出す。

 

欠けたところは、永遠に自分では埋まらない。

欠けていることを、自分で認めることが出来た時、
その欠けた部分は、誰かが自然に埋めてくれるようになる。

それが、つながりで
それが、ひとつであること。

 

欠けた部分は、愛を知る入り口なのでしょう。
だから、入り口を塞いではいけないのです。

何かをしたいなら、
在るところを、ピカピカにすればいい。

 

すべての人がパーフェクトでないように、
最初から創られているのは、

愛を感じる為なのかも知れませんね。

 

きっと良い日になるでしょう

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ