いろんなケースであることかと思いますが

だんだん良くなってきて、
自分が周囲から目につくようになってくると

誹謗中傷をされたり、
足を引っ張ろうとする人が出てきたりします。

気にしない方は、それで良いと思うのですが、

他者からとても不快な思いを、
感じてしまうかも知れません。

 

逆の立場で考えてみると、
批判したり、足を引っ張ろうとする人は、

あなたの実力を認めている
ということになりますし、

また、
そのように、誰かに対しての嫉妬心や、
ネガティブな思いを持ち続けている人は

最終的にTOPになれない確率が高いし、

上に上がれたとしても、
そのポジションは長くは続かない人だったり、

何か他のことで、持たない方が良い感情に
気付かされることが起きたりします。

 

もちろんその行動に対して、
された本人は、怒りが出てきて当然ですが、

自分の心に
ネガティブな感情を持ち続けるのはもったいないので

ここは、自分に意識を持っていって

もしかして、少し謙虚さにかけている自分は居ないか
今の自分は感謝が足りないんじゃないか等を確認して

心のサインとして活用されることが
できれば良いかなと思います。

 

またちょっと見る角度を変えてみて、

嫉妬されるということは、認めてくれるということだ。

という「認められている自分」を確信したり、

 

そのようなネガティブな気持ちを持つその人の心は
とってもしんどいだろうなと相手のことを慮ったり、

さらに、その攻撃したした人に対して、
幸せを願ってあげることができれば

自分の成長も、もっと大きなものになると思います。

 

相手の幸せを思える心があると、
めちゃ自分に返ってくるという実感を、さらにしていただければと思います。

もちろん、そう思えない時も当然あるので、
怒りというものの対処をすることも、とても大切かと思いますが

自分の心のステージを上げるチャンスなのかも知れません

 

to heights

いつも幸せを願っています

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
出来るだけ毎日書こうと心がけています。
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。