彼女

ベッド

 

繋がらない携帯電話から流れてくる音楽は、
ベットから上がり、髪を整える合図である。

まだ時にコートが必要な扉の向こう側が、
彼女に一日の始まりを、皮膚感覚で知らせてくれる。

 

地下鉄ですれ違う人も、職場で会う人達も、
新しく出来た友達でさえも、彼女の過去を知らない。

今と全く異なった生活をしていた事も、
周囲の知らないままに、人との繋がりを保ちながら、
時は刻まれていく。

そして、茶色のソファに座り、化粧を落とすと、
彼女の一日は終わりを告げる。

 

そんな彼女は、置いてきた過去を、
惜しむ素振りも無く、とびきり幸せな顔をする。

それは、今この瞬間を、精一杯生きているからなのだろうか。

無意識の中に、分断された過去と現在が、
いつか繋がっていく事を、知っているからなのだろうか。

その理由は、唯一過去を共にした、
繋がらない携帯電話でも、わからないのかも知れない。

 

そして、何もわかる必要など無いのかも知れない。
彼女が、今を生きている事が幸せならば。

 

「ウチのベッドは、魔法のベットだと思うの」
休日の二度寝が好きな彼女は、笑いながらそう教えてくれた。

 

過去に栄光があったとしても、
例え辛く苦しい時代があったとしても、

私達の唯一生きることのできる場所は今なのだと、
彼女に教わった気がした。

 

明日も多分幸せな気がする

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ