とある物語(フィクション)

心にスポットを当てた物語を読んで、生きるヒントを見つけていただければ。

とある物語(フィクション)
叶う時新着!!

希望があったけど なんかうまく行かなくて   いつのまにか忘れていたけど また思い出して くるくる同じところを回っている自分が なんか成長していない感じがして   だからやっぱり、あきらめて 違う道を行くことかな?って思 […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
彼女が決めること新着!!

  食べきれないほどのディナーがあって、おいしいお酒がここにある。 コンディションの良い部屋で、温まった身体は、 すぐに閉めると分かっていても窓を開けてクールな感触が、欲しくなったりする。   昔に比べると、とても豊かな […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
ホームタウン

寒い季節になると、外は冷えるのに、夜空を見上げたくなる。 詳しい仕組みは、わからないけど 寒空の星は、一層輝いていて、とてもあたたかそうに感じる。   ずっと戻っていない故郷や、以前生活していた場所を思い出し、少しもの悲 […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
さよなら道化者

彼女は、いつも笑っていた。 そして、 真面目な話をする時も、笑っていた。 一所懸命になりたい自分に、 何故かブレーキをかけていた。   彼女の中の道化者は、 彼女自身の心を、傷つけぬようにする術であった。 大切 […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
ホームタウン

「また名古屋に戻ってきます」 数年前に彼女はそう言って、長く生まれ育った街を離れた。   そして、数年経った今おそらく既に慣れている今の生活を手放し あの時の言葉のとおり名古屋に戻ってくる。   戻ってくると言った言葉は […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
わが家

  慌しく過ぎる日々の中から、少し強引に彼女は小さな旅行を実行した。 ナイフとフォークを持ちながら、友といろんな事を語ってみる。 使っていなかった、少し高めの声のトーンを、久し振りに感じてみる。   そして、改札をくぐり […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
いちばん近い人

  褒めてあげる認めてあげる事が大切 彼女はその言葉に対して忠実に実行し続けた 人に対してよき事を見つけて褒めた 人に接していろんな考え方や、いろんな行動を認めてみた   そしてだんだん、だんだん辛くなってきた 居心地が […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
Yes

聞き漏らす事が無いように、熱心にメモを取る姿。 会話を交わす中で、かなりの優秀な人物であると感じる。 でも、今は自信を少し無くしている。   無駄に過ごしたと思っていた日々や、意味を感じなかった時 それらの過去も、YES […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
し続ける

  いろんな本を読んでいろんなセミナーも行っていろんな経験を積んで 心のコントロールが、ある程度出来るようになったと思ったのですが、また逆戻りですね 常に率先して行動をして、リーダーシップを取ってきた彼女が、搾り出すよう […]

続きを読む