とある物語(フィクション)

心にスポットを当てた物語を読んで、生きるヒントを見つけていただければ。

とある物語(フィクション)
ホームタウン新着!!

「また名古屋に戻ってきます」 数年前に彼女はそう言って、長く生まれ育った街を離れた。   そして、数年経った今おそらく既に慣れている今の生活を手放し あの時の言葉のとおり名古屋に戻ってくる。   戻ってくると言った言葉は […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
わが家

  慌しく過ぎる日々の中から、少し強引に彼女は小さな旅行を実行した。 ナイフとフォークを持ちながら、友といろんな事を語ってみる。 使っていなかった、少し高めの声のトーンを、久し振りに感じてみる。   そして、改札をくぐり […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
いちばん近い人

  褒めてあげる認めてあげる事が大切 彼女はその言葉に対して忠実に実行し続けた 人に対してよき事を見つけて褒めた 人に接していろんな考え方や、いろんな行動を認めてみた   そしてだんだん、だんだん辛くなってきた 居心地が […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
Yes

聞き漏らす事が無いように、熱心にメモを取る姿。 会話を交わす中で、かなりの優秀な人物であると感じる。 でも、今は自信を少し無くしている。   無駄に過ごしたと思っていた日々や、意味を感じなかった時 それらの過去も、YES […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
し続ける

  いろんな本を読んでいろんなセミナーも行っていろんな経験を積んで 心のコントロールが、ある程度出来るようになったと思ったのですが、また逆戻りですね 常に率先して行動をして、リーダーシップを取ってきた彼女が、搾り出すよう […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
地下鉄の出口

  その日は日曜日だった。彼女は夕食を共にした友人と別れ、地下鉄に乗り込んだ。 明日から出勤だ。 この瞬間が、時に寂しくなんとなく虚しく感じる。仕事が好きで無いからなのか?と自問もし始める。 そして、いろんな思いを巡らせ […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
信じる未来

  初めて出会った時は、どんよりとした曇り空の日でした。 埃のかぶったグレーのキャンバスを丁寧に払って、 グレーになった下地を先ず白くしていきました。   白くなったそこには、鉛筆で輪郭が描かれました。 絵の具で彩りを加 […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
ぬくもり

  悲しい出来事があっても、 いつもと変わらず、過ごしているその人の姿を見て、 素敵な姿だなと感じる。   もしかしたら、ひとりベッドに入れば、 頬を濡らし、背中を丸めながら、長い夜を過ごしているのかもしれない。 そして […]

続きを読む
とある物語(フィクション)
処理能力

  彼女のオフィスの、パソコンが新しくなった。 処理能力は一段と上がり、仕事もはかどる様な気がした。 一週間ほど経って、環境に慣れてきた彼女は、 パソコンの前で、イライラしている自分を見つけた。 そういえば、 […]

続きを読む