■思い出

あれは、小学5年生の時でした。
授業が終わってすぐに、
ジャケットをはおった同級生が、近づいてきました。
腕をいっぱいに伸ばして、
かわいらしいリボンの付いた、ピンクの箱を手渡してくれました。
初めての経験でした。
あれから、時は経ちましたが、
いくつになっても、嬉しいものです。
$「あるがままに生きる」-チョコレート
ありがとうございました♪
アメブロからのプレゼントも
ありがとうございました♪

明日も多分幸せな気がする

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

■思い出” に対して1件のコメントがあります。

  1. cucinaT より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お返しもめんどうだし、
    かえって負担に感じている方が多いのかも、と思っていましたが、
    いくつになってもうれしい、という言葉を聞いて、
    ちょっとほっとしました。
    小学生の、そんな心がきゅんとする想い出を大事にされていることが、とてもすてきだと思います。

  2. マミーM より:

    SECRET: 0
    PASS:
    うわぁ~(*^0^*)
    たくさんのチョコ♪
    すごいですね~(≧∇≦)
    こんなにたくさん…
    すごくおいしそうです(笑)
    小学5年生の頃の思い出を読ませて頂いて、胸がきゅんとしました(*^-^*)
    素敵な思い出ですね(^-^)
    いつまでも忘れずに、思い出すことのできる竹内さんが素敵です(*^-^*)
    いつも、ありがとうございます(*^-^*)

メッセージはお気軽にどうぞ