フードコートが嫌いだった彼女

「夏は嫌いなの」と言いながら、
朝からエアコンをつけていた彼女。

広いマンションにはハウスクリーニングが入り、
いつも高級レストランに通っていた彼女。

そして時を経て、
決して収入レベルが落ちたわけではないのに、

朝を迎えると、
窓を開け放ち、汗をかきながら掃除機をかける。

子供と一緒に、フードコートでハンバーガーをほおばり、
きらびやかだった洋服も、シンプルで清潔感のある姿に変化をしていた。

そして前よりも、
穏やかな表情で、よく笑うようになった彼女が居た。

 

しあわせって、
その人の心が、感じるものなのでしょうね。

 

明日も幸せ

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

フードコートが嫌いだった彼女” に対して1件のコメントがあります。

  1. のん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いいお話ですね(^^)
    わたしも今より自由になろー♪
    っと思いました☆

  2. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    フリーダム~っ!
    ありがとうございました(*^o^*)/~

メッセージはお気軽にどうぞ