プール(映画)

映画「プール」を観た

チェンマイに、行きたくなった
揚げバナナが、食べたくなった
プールサイドで、寝そべりたくなった

プールの水が澄んでいるのは、
そこに暮らす人達の心を、表現しているのだと思った

主人公の生き方は、
きっと、幸せを周囲に導いていくのだと思った

とっても、素敵な映画だった

どんな所が、素敵だったか?
理由なんて、愛ひとつで十分だ

これからの幸せを信じています。

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

プール(映画)”へ2件のコメント

  1. 組合長 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私は竹内さんがホテルのプールにでも行って
    リッチにお酒でも飲んでいるのかと思いました。
    プールサイドでお酒飲んでるが似合いそうですもん^^うふふ。

  2. milimili-aina より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「かもめ食堂」「めがね」と引き続き 
    私のお楽しみデス。。。
    私も早く見たいで~す(*^▽^*)

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

myself

次の記事

■戦い・・・