■めがね

九州のとある田舎町に、旅行をした事がある。
携帯電話も繋がらない部屋で、
川のせせらぎを、かすかに聞きながら、
どこへ行く事無く、眠り続けた。
握り締めていた、必要の無い価値観に気付いたり、
空間を楽しむ事を、思い出したりした。
決して、自分探しの旅に出ようと思ったわけではない。
たまたまのご縁が、その場を提供してくれたのだ。
映画「めがね」を観ながら、その時に行った旅が重なった。
「あるがままに生きる」-めがね
あの「かもめ食堂」と、
同じスタッフとキャストの、作品であるにも関わらず、
興行収入がほぼ同等の5億越え、というのも充分頷ける。
分刻みで、仕掛けを楽しめる映画も良いが、
空間を見事なまでに味わえる、希少な作品だと思う。
心のめがねを一旦外してみると、
少し重いと感じながら歩いている、
荷物の仕分けが出来るかもしれない。
「あるがまま」でいなければと思う事自体が、
「あるがまま」ではない事を知るように

いつもここにいますから

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
出来るだけ毎日書こうと心がけています。
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

■めがね”へ1件のコメント

  1. hyutamama より:

    SECRET: 0
    PASS:
    めがね・・・まだ見てません。
    で、まだ見てない「かもめ食堂」も気になってました。
    邦画はかなり気になる最近。
    ゆっくりと見てみたいです(^ε^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

■モーニング会議

次の記事

■きんつば