爽やかな朝日

ベッド

 

恋人同士だった頃、よく通った店で、
男と女は時を経て、いつか居たテーブルに座っていた。

出合った頃の胸の高鳴りも、別れた時の緊迫感も、
そこには存在する事無く、

アドレスを消した日からの続きを、自然に、自然に、
そして他人事のように、お互いの物語を弾ませていった。

時間を埋めるように、空いたグラスは増え、
周囲のお客が、ひとしきり入れ替わった頃、男はささやいた。

「今日、泊まっていっていい?」

女は、にこりと微笑みながら、首を横に振った。
「あなたとは、ダメよ。」

少し間を置いて、
男は微笑みながら首を縦に振った。

女は誘いの言葉に、少しの喜びを感じながら、
「ありがとう」の言葉で去っていった。

男は未来の無い事への、
線引をしてくれた女に、誇らしさを感じながら、
「おやすみ」の言葉で見送った。

二人はそれぞれの場所で、
さわやかな朝を迎えた。

 

きっと良い日になるでしょう

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

爽やかな朝日” に対して 0 件のコメントがあります

  1. erigel より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ウットリしてたのに…
    注!にバカウケ(≧▽≦)
    竹内様ったら~(m'□'m)
    昔の彼と再会したら、こんな風にかわせる女になりますっ!カッコいいです(^3^)/
    ※ホントは竹内様の実話だったりして(^-^)v

  2. ぱんだ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    素敵な、大人の関係ですね。
    別れても縁があった人ですもん。同じ女性としてこのように対応できる強さと優しさを持ちたいなと思いました。私にはないなぁ。
    僕の経験なら素敵さ3割増したのにな―(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS:
     きれいなさわやかな流れの物語ですね。
    クリ-ンな空気が流れました。
     私の小説は・・・・ドロドロ・・・。

  4. 香瑠 *kaoru* より:

    SECRET: 0
    PASS:
    最後の一行・・・
    ウケちゃいました( ´艸`)
    これからの展開がもしかしたらあるんじゃない?とか
    自分だったらどうしようかな?とか
    色々と妄想してしまいました(*^▽^*)
    ・・・妄想大魔王でした☆

  5. hyutamama より:

    SECRET: 0
    PASS:
    竹内さんの話かと思っちゃいましたぁ(笑)
    注意書きが ちゃんとありましたね(;^_^A
    そんな関係は ステキですよね。
    今日もドラマのワンシーンを
    ありがとうございます♪

メッセージはお気軽にどうぞ