応援すること

応援する

 

自分に対しての心配は、危機を回避するための思考として、ある意味大切なことであります。

ただ反面、うまくいかない想像をしていることだったりします。

 

うまくいったときの想像をしてみましょう。

「よかったね」と言える未来があった時、今、どう接するかは、多分心配だけしている時とは、かなり変わってくると思います。

ブレーキとアクセルが備わると、うまくいく確率が上がりやすいと思います。

それは、自分に対しても、人に対しても言えることなのでしょうね。

しっかり足元を見つつ、うまくいくと信じて

 

明日も多分幸せな気がする

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ