おとなの足し算

子供の勉強姿

話を聞いてみると、
やってることって、そんなに悪くないんじゃない?って思ったりします。

でも、本人は満足ではなかったりします。

 

大人のテストって、
足し算が使えることが多かったりします。

60点だったら、2回やって100点を超えればいい。

30点だったら、
同志2人に35点ずつ助けてもらうとか。

 

100点満点が取れない自分を認めれたら、
足し算しても良いことが見えてきて、

その先に掛け算を知ることになるのです。

 

これからの幸せを信じています。

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

2 thoughts on “おとなの足し算

  1. より:

    近ごろ、生れて初めてお友だちと一泊旅行に行きました。のほほんとしたお友だちなので、自分がしっかりしなくちゃ!と気張っていましたが、出掛けてみたらそのお友だちが80点くらいの力を発揮してくれました。
    旅慣れない私の方が20点でした。
    帰りの電車の窓から、虹が見えました。

    1. 竹内 嘉浩 より:

      雲さま とっても良いチームワークで、楽しい時を過ごされたのですね。
      ご自身の得点は過小評価かと思いますが、素敵な思い出になられるのでしょうね。
      ありがとうございました。

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

形から入る

次の記事

誠実