夏休みの思い出(#116)

海岸

Counselor’s Question:あなたの子供の頃の夏休みの思い出を教えてください(くれたけ#116)

小学生の頃は、毎年夏になると親戚の家に預けられていました。

我が家は飲食業をしており、夏の時期は繁盛期になるので夏休み期間中は長期で親戚の家にお世話になっていました。

祖母はじめ親戚の一家はとても優しい方たちで、何不自由なく過ごさせていただき、色んな所にも連れて行ってくれましたので不満のない場所でしたが、

住み慣れている家から子供だけで数日離れていると、妙な寂しさが心のなかに住み着いていたりもしました。

その時のネガティブな感覚は、今でも何となく思い出すことが出来ます。

ただ、そこで感じたことや、滞在させてもらった経験は、今となっては宝物だと思っています。

 

Counselor’s Question:あなたの子供の頃の夏休みの思い出を教えてください(くれたけ#116)

※くれたけ心理相談室の質問に全国のカウンセラーが答えるコーナー、カウンセラークエスチョンはこちら

明日も多分幸せな気がする

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

夏休みの思い出(#116)” に対して1件のコメントがあります。

メッセージはお気軽にどうぞ