流れが教えてくれる

蓮の花

 

右に行こうか、左に行こうか、その方向に迷う時、

時間に身を委ねてみる時なのかもしれません。

私は「熟成させてみる」という言葉を使いますが、結論を急がずに、日々を淡々と過ごしていくと、何某かの風向きを感じるようになってきます。

それは、たまたまパートナーが右の方向に興味を持たれたりとか、テレビを付けたら、右に関する特集がやっていたりとか、様々な形でメッセージを送ってくれたり、背中を押してくれたりします。

必然という流れを受けいれれば受け容れるほど、流れを感じやすくなってきます。

今あること、これから起きることを信じて

 

明日も幸せを感じられますように

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ