真冬のスイカ

スイカを見るとふと思い出します。

スイカ

それは今とは季節が真逆の
真冬の出来事でした。

祖父は父に、その真冬にスイカが食べたいと、
病床でつぶやいたそうです。

当時冬には、
食べられないと思われていたスイカ。

インターネットはもちろん無い時代、
コンビニもないし、流通網も発達していない、
今より情報の少なかった時代。

父は色んな所に電話をしたりして
懸命にスイカを探していました。

そして、
やっとの事で見つけました。

そのスイカを口にして、
二日後に祖父は他界しました。

今から40年以上も前の話ですが、
僕は鮮明にあの時の事を覚えています。

 

あれから、文明はすさまじく変化したけど、
それに比例して、人の喜びは増えていったのだろうか。

心は豊かになったのだろうか

いろんなことが進化、発展、改善されていっても、
豊かさを感じれる人がいてこそ、
文明の利器は活かされていくのだろうなと感じました。

いつも豊かさは人の中にあるのでしょうね。

 

いつもここにいますから

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
出来るだけ毎日書こうと心がけています。
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

真冬のスイカ”へ2件のコメント

  1. より:

    真冬のスイカ、と聞いて、書かせていただきたくなりました。
    私も30年ほど前の冬に、スイカを買いに走りました。
    入院中だった姑がスイカを食べたがっていると、看護婦さんから電話が来たのです。
    雪が降った寒い日で、ちょうど舅が遊びに来ていました。
    孫たちと遊んでいた舅は外に出たくない。スイカを売っている店はわからない。それで私が、「ジャスコならあるかも」と、自転車で走りました。
    思った通り、ジャスコのバックヤードから大きなスイカを出してきてもらって、雪道をヨロヨロと自転車で運びました。
    そのスイカを舅が病院に運びました。姑が口にできる量はわずかだろうとわかっていたので、子供たちに少しでも分けてもらいたかったのですが、丸ごと持って行かれて、悲しくなった思い出です。
    舅は亡くなり、姑は健在。こちらはいい話の締めくくりではないですが、雪が降るとスイカを思い出します。

    1. 竹内 嘉浩 より:

      雲さん スイカにまつわるお話を、ありがとうございます。
      食べ物や季節や、いろんな季節にまつわる思い出がありますね。
      長い月日を見てみると、いろんな流れがありますね。感慨深いです。
      暑い時期ですので、どうぞご自愛下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

顔を上げる

次の記事

あの人に