祈る

小学生の頃、はだしのゲンという漫画に出会いました。

被曝を経験した主人公が、
必死に生き抜く様子が描かれていました。

自分の居る豊かな日本で、こんな事が起きていたのかと、
子供心に大変なショックを受けた覚えがあります。

そして、今この時が、
いかに幸せであるかという事に気づかせていただきました。

在るものも在る時も在る人も、
全てありふれてはいないのでしょう。

あたりまえでは無いのでしょう。

祈りの時間を増やし、
ここ数日間を過ごしていけたらと思います。

 

Hiroshima, Mon Amour - 無料写真検索fotoq
photo by Akira ASKR

いつもここにいますから

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

祈る”へ2件のコメント

  1. アリエル より:

    SECRET: 0
    PASS:
     お久しぶりにコメントさせてくださいね。
    はだしのゲン、私もいつだったか観たことがあります。小戸もの頃ですが、何度か夢に出てきて怖かったことを覚えています。
    3.11で被害に合われた方がおっしゃっていたそうです。『被災地(者)とは呼ばれたくない。日本が被災地なんだから。』と。心に響きました。
     
     

  2. アリエル より:

    SECRET: 0
    PASS:
     すいません。
    "子供の頃"と変換したかったのですが`小戸も´に・・・大変に失礼いたしました。

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

繋がる深まる広がる

次の記事

笑ってますか