あの頃の気持ち

$「あるがままに生きる」-夕日

放課後にランドセルを置いて、
公園や池や川やグランドで遊んでいた頃、

夕日を見ると、とても切なくなりました。
一日が終わってしまう事への名残惜しさだったり、
明日が本当に来るのかな?という、不安があったのでしょう。

今、夕日を見ると、とても嬉しく感じます。

一日を終えた事への感謝と、
明日が始まる期待感があります。

あの頃の気持ちも、今の気持ちも、
どちらも貴重で、価値ある感情だと思います。

 

いつもここにいますから

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
出来るだけ毎日書こうと心がけています。
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

あの頃の気持ち”へ4件のコメント

  1. 櫻田姫香平 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    朝、天の神様が、コバルトブルーの絵の具を誤って落とされた後に……
    夕方、神様が、
    今後は神様がね、故意に、ルビー色の絵の具を降り注ぎ、
    疲れた身体、目、心、、
    その全てを。。。癒してくれているかのような空
    なんて素敵な画像~~
    今日も1日頑張ったら、こんな夕焼けが見れます。かね
    なら、頑張れd(@^∇゚)/ファイトッ♪そう。……・・・

  2. cucinaT より:

    SECRET: 0
    PASS:
    雨が上がり、今日は久々に見られそうで、なかなかはっきりしない空模様。
    そう言われてみると、子供の頃。いつまでも明るかったらと思いましたね。
    夕焼けも、いつでも時間が来れば会えそうでも、今日のように、そうではなかったことに改めて気づきました。
    頑張ったご褒美に、と嬉しく眺められるようなひとになりたい、そう思えるように明日も過ごしたいな、と思いました。
    いつもありがとうございます

  3. milimili-aina より:

    SECRET: 0
    PASS:
    小学校の教科書に載っていて暗記させられた詩を思い出しました。
    『夕日が背中を押してくる
     でっかい腕で押してくる
     歩く僕らの後ろから
     でっかい声で呼びかける
     さよなら さよなら さよなら 君たち
     晩ごはんが待ってるぞ
     明日の朝 寝過ごすな』

  4. 櫻田姫香平 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >竹内嘉浩さま★☆
    神様は、『芸術家★★』
    頂き~~~~~~ました
    来てよかったぁあ
    ルンルン、ルンルン~~

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

■ドライブの達人

次の記事

ギフト