風流というエネルギー

近所のコンビニが、今日で閉店になった。
歩いて数十秒の場所にあるので、
朝起きてすぐに、食パンを買いに行ったり、
必要なものには、事欠かなかった。
後に入る店の予定は無いそうだ。

 

きっと、明日から、
少し不便さを感じるのでしょう。
しかし、すぐに、
無い事が当たり前の、生活になるのでしょう。
そして、
何事も無かった様に、時は過ぎていくのでしょう。

不便さを感じたとしても、
人間には、その環境に適応する能力がある。

今年の夏はうちわを扇いで、
スイカを食べて、風鈴の音を聞きながら、
夏を過ごしても、いいんじゃないかと思う。(でも今の時代はダメですよ。当時と違って暑さ半端ないので)

 

明日も多分幸せな気がする

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

風流というエネルギー” に対して1件のコメントがあります。

  1. zeal より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お店がなくなっちゃうのは寂しいですね。
    ただちょっとした不便さは確かになんとかなるもので、いかに日頃恵まれてるかってことにも気づきますね。
    きっとたぶん、また素敵なお店や出会いがめぐってきますよね。
    ありがとうございます。

  2. cucinaT より:

    SECRET: 0
    PASS:
    地震がなければ、わたしもどれほど自分がぜいたくに慣れていたか、気づかないままだったかもしれません。
    いま実は風邪で息がしづらいのですが、
    辛いというよりも、鼻が通り、咳も出ないときがどんなに幸せかなんて思いました。今まではなかったことです。
    夏にスイカでうちわは、私たちの子供時代は当たり前でしたね。
    でも、食べ物の仕事なので、冷蔵庫だけは、つらいなあ。
    今から心積もりしておくべきですね。
    感謝に気づかせてもらいました。
    ありがとうございます。

メッセージはお気軽にどうぞ