ねぎらい

創業して5年経ち、売上は上がり社員の給料も賞与も上げた。

休みも返上して、早朝から深夜まで働き続けた。
その社長は、使命感に満ち溢れていた。

ある時、社員から直接、
会社に対しての不満を耳にする。

「これだけやっているのに・・・」

社員のためにと、頑張っているのにもかかわらず不満を言われ、
彼は裏切られた気持ちでいっぱいだった。

しかし、その後、
創業当時に持っていて、今は置き忘れてしまったモノに気付く

それは、「ねぎらい」
忙しさに紛れて、いつの頃からか感謝の心を忘れていた。

そして、感謝を気持ちに込め直すと、
「ここがいいね、でもここはダメだ」という言葉が
「ここがいいね、だからこうしてみたらもっと良くなるよ」に変化をした。

「これだけやっているのに・・・」
これは、自分に向けられた社員からの言葉だった。

彼の気づきから、給料や賞与を上げた効果が遅れて発揮しだした。
「あの時、あの社員が不満を口にしてくれなかったら、

もっと社内に不満が蔓延して、取り返しのつかない事になっていたかもしてませんね」
そう言った彼は、今も本調子が続いている。

 

これからの幸せを信じています。

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

ねぎらい”へ1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    年を重ねる程、結構いろいろあるのかもしれませんね。
    いつも「感謝」を忘れずに「ねぎらい」の言葉をかけられるような、そんな大人に私もなりたい(笑)
    ( ̄▽+ ̄*)
    竹内さんの所は、きっと素適な「ねぎらい」の言葉に溢れてるんだろうなぁと感じています。♪

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

宿題

次の記事

えがおん会でした