蓋の上の石

夢に描いた新しい生活は、
すぐに心地の良くない現実を知る事になる。

外から見える、何不自由無い家庭が、
幸せと呼ぶ蓋によって、心の自由を閉じ込めていった。
何度も、向き合おうと試みたが、
次第にそれも、あきらめに変わっていった。

 

20年もの間、封印してきたその人との繋がり。

ある日、蓋の上に石が置かれた。
窒息しそうな状況であった。
苦しくて苦しくて、もがいていた。

そして、
それが眠っていた心を呼び覚ました。

思い切って持ち上げてみた蓋の外は、明るい光が射していた。

広いリビングがあり、優しい人がそこにいた。
乗せられた石は、箱の外に出る為のものだったと気付いた。

もしかして、
蓋の上の石が無かったら、一生箱の中に居たかもしれない。

負の状況に、感謝の気持ちが芽生えた。

 

明日も多分幸せな気がする

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

蓋の上の石” に対して1件のコメントがあります。

  1. hyutamama より:

    SECRET: 0
    PASS:
    素敵なお話です。
    例えがすごく解り易く
    「なるほどな~」って思いました(*^▽^*)
    負の状況に感謝!!

  2. ムーミン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    蓋の上の石・・・。なんか 自分の事を言われているようで ぐっときました。自分のことは自分が一番わかっているようで 本当はわかってないことも多いのでしょうね。素直な自分を受け止めていきます。ありがとうございました。

メッセージはお気軽にどうぞ