「間違えちゃいけない」って思うと(言うと)、
間違える確率が高くなります。

「うまく(正しく)出来ますように」等に置き換えて、
人への言葉がけ、自分への認識をしたほうが良いのです。

 

「間違えちゃいけない」と「間違える」は、
脳にとっては同じ言葉(すべて肯定)になるということ

「〇〇しちゃいけない」「〇〇しないように」等の否定語は、
否定語は受け取らず、潜在意識は肯定語として捉えるのです。

 

だから、「ミスしないように気をつけます」と言う人と
「これから正しく行えるようにします」という人では、

「ミスしないようにします」という人のほうが、
再びミスする確率は高いのです。

 

逆に考えれば、
ちょっと言葉の言い換えをしていくだけで、
自分の思うようになる確率は上がるのですよね。

 

えーほんとー?って
思われた方がいらっしゃったら、以下を読んでみて下さい。

 

 

「ピンクのゾウを想像しないでください」

 

 

 

 

どうでしょう
想像しちゃった?

流し読みされる方は、言葉が残って
しっかり読まれている方は、絵が浮かんでいるかと思います。

 

特性をうまくご活用いただければ幸いです。

 

いつも幸せを願っています

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
出来るだけ毎日書こうと心がけています。
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

空き日程確認(カウンセリング・コンサルティングの予約)

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です