きみのせい

考える過程

 

良くないことが起きた時、

もちろん、心のいっときの置きどころとして、
誰かのせいにすることも、

安心な領域で心の回復をしていく
一つの方法だと思います。

 

でも経営者であるとしたら、
上手くいかないことを、ずっと誰かや何かの所為にしていては、
永遠にうまくはいかないと思います。

何かのせいにしているうちは、

思考はその、ネガティブな出来事に向けられ、
新しい行動や、発想の余地を持たなくなります。

 

もしそれを窮地と言うならば、

チャンスに変えていくことを考え、
未来への地図を描くことだと思います。

 

それでも、何も浮かんでこないなら、
違うステージで生きましょうというサインなのかもしれません。

浮かぶまで絶対に諦めない。と思うなら、
必ず活路が見えてきます。

 

そして何かが起きた時、それは学ぶ経験として、
ますます発展をしていける機会となるのでしょう。

 

出来事の所為で、
とってもしあわせになりましたと、
言えるように

いや、
絶対にそうしましょう。

いつか「あれは、ありがたい出来事だったね」と言って、
笑いながらお酒でも飲みましょう。

 

いつもここにいますから

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

メッセージはお気軽にどうぞ

次の記事

きれいなさよなら