すきま

 Bud

 

効率化を図りすぎたり、
スケジュールを詰め過ぎたりすると、

逆に、幸せの入る余地がなくなるから、
ちょっと隙間があったほうがいいのでしょう。

どうしても、そうせざるを得ない時は、
流れに従うことかと思いますが、

入れたい予定が、中々入れれない時は、
詰め込みすぎの証拠なので、ゆとりを持たせた方が良いと思います。

自分以外の人が出来ることは、人に委ねることも大切なのでしょう。

幸福くんの道を、開けておいてあげてください。

 

これからの幸せを信じています。

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

すきま”へ2件のコメント

  1. マミ☆ より:

    ・・・読み終えた後、「私は、幸福くんの道だけはずっとオープンにしているのかも知れない。。」と、思いました(笑)
    なので、何だかんだ大丈夫なのでしょう。・・・と、思ってみます(*^_^*)
    隙間があるから、息苦しくなくいられる。
    隙間は、大事な余白ですね☆

    いつも、ありがとうございます☺

    1. 竹内 嘉浩 より:

      マミ☆さん そうなんですよね(^^) その隙間にOKを出すと、喜んでハッピー君が来てくれますね。ありがとうございます。

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

タピオカ元年

次の記事

自分との約束をする