座右の銘(#7)

vanity

Counselor’s Question:「あなたの座右の銘を教えて下さい」(くれたけ#7)

 

今月のQuestion その2は、4年前に出された以前の質問から、再度ご案内させていただきました。

座右の銘(ざゆうのめい)とは、行動の戒めとするために日常的に心に留めておくための言葉。『文選』に収められた後漢の崔瑗(崔子玉)による文章「座右銘」に由来する。引用:Wikipedia

 

前回は、色即是空 空即是色 でした。今も引き続いてとっても大好きな言葉です。人生の中で苦く感じることも、料理や飲物と一緒で、アクセントとして捉えれたら良いなと思います。

今は、美しい人で在る。というキーワードを側に置いています。美容の方でなく、生きるための美学を意識していきたいと思っています。

座右の銘って、ただなんとなく持っているだけでも、心にブレが少なくなって良いですね。

 

今回のCounselor’s Question その2:「あなたの座右の銘を教えて下さい」(くれたけ#7) でした。

※くれたけ心理相談室の質問に全国のカウンセラーが答えるコーナー、カウンセラークエスチョンはこちら

これからの幸せを信じています。

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

お陰様

次の記事

取り込むということ