小さなサイン

彼は彼女の淹れてくれた珈琲の香りで、
毎朝、目を覚ましていた。

先に仕事に出かけた、彼女のコーヒーカップには、
いつの頃からか、少しだけコーヒーが残されていた。

毎朝のテーブルには、
いつも、少しだけ入ったカップが残されていた。

 

ある朝、彼は
いつもあるはずの、飲みかけのコーヒーカップが、
きれいに片付けられている事に気付いた。

そして、
その日から、彼女は居なくなっていた。

 

彼は、彼女が毎日送ってくれたメッセージに、
気付いてあげれば良かったと感じていた。

彼女は、もっと素直になれていたらと、
自分の心の中に向き合った。

 

二人は別々のカフェでコーヒーを飲みながら、
明日への目を覚ました。
$「あるがままに生きる」-コーヒー

明日も多分幸せな気がする

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

小さなサイン” に対して1件のコメントがあります。

  1. タコ吉 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なんだか切ないな・・・
    でも
    彼も彼女も幸せになって欲しい

  2. たか4C より:

    SECRET: 0
    PASS:
    もう、独りでは暖かくはならない。ペタありがとうございます。

  3. スマイリー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    胸にきました!ささいな サインを見逃しては
    後で後悔する所が・・うまくいえないんですが
                                 「聞いておけばよかった!」と思うことが日々の
    生活に思うことありますね・・・
    勉強になります♪ 

  4. ぱんだ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    気づいてほしかった思いに気づけず、一歩踏み出して話せたらよかったという思い。
    それはそれとして思い出に変われたのですね。

メッセージはお気軽にどうぞ