■右肩下がり?

仕事のパートナーである方の、自宅にお邪魔する。
何気なく、棚に置かれた紙が目に入る。
そこには、
右肩下がりの数字が、書かれていた。
その数字
ジツハ
彼女の体重 (^o^;)
毎日記載している彼女の体重は、
右肩下がりであった。
記録(意識)する事って、
すごく効果的だと、お互いの意見は一致した。
でも、その前に軽く怒られた
だって、
リビングの目に付く所に、普通に置いてあるんだもん(笑)

明日も幸せ

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

■右肩下がり?” に対して1件のコメントがあります。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    これをネタにしちゃったタケさんは、もっと怒られるのでした…チャンチャン♪

  2. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    へへ(笑)
    気付きのシェアという事を、彼女は理解してると思いますので、大丈夫ですよん♪
    軽く、2,3発なぐられて終わりだと思います(どんだけ!)笑
    ありがとうございまーす(^^)

  3. hyutamama より:

    SECRET: 0
    PASS:
    右肩下がりは「ありっ」ですねo(^-^)o
    私も~…
    そのグラフに関しては・・・下がりたい(笑)
    気分はいつもアゲアゲなんですけどね(*^_^*)

  4. 香瑠 *kaoru* より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私もダイエットレッスンでは「書くこと」を
    まずオススメしています♪
    最初は恐ろしいことですが(笑)
    数字が少しでも下がると励みになってくるんですよね♪
    そして、書くことによってセーブも出来る♪
    パートナーの方も、きっとあと少しで目標体重でしょうか♪
    楽しみですね☆

  5. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうなんですか?
    気にしないっていうのも一つの選択肢でしょうね(^^)
    誰しもBESTなコンディションがあるのでしょう♪

  6. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます♪
    パートナーさんは、ヨガの先生でもあり、
    とっても素敵なプロポーションだと思いますが、
    飽くなき探究心をお持ちのご様子です(^^)

メッセージはお気軽にどうぞ