根を張る喜び

雨が降る。
風が吹く。
冬が訪れる。
太陽を遮られる。
枝を切られる。

地球に存在する木々は、
様々な外的環境を受け生息している。
樹木が生き続ける為に、一番必要な部位。
それは、根っこ。

地中にしっかりと根を生やした樹木は、
たとえ、幹を切られても、
またその命を、吹き返す。

人において、その根っこの部分は、心。

誰だってくじける時はあるが、
安定した心は、その回復力を早めてくれる。
仕事で、思うような結果が出ない。
結果が出ても、その後に波に乗れない。

親との関係がうまくいかない。
子供が、学校で問題を起こした。
夫や妻と穏やかな関係を築けない。
友人とトラブルがあった。
生活が楽にならない。
遺産相続でもめている。 等々

様々な外的要因は、人に課題を与えてくれる。
そして、起きた事柄に、目を向けるより、
自分の根っこに目を向けた方が、解決は早い。

数回のご縁をいただいた方が、同じ環境下であるにも係わらず、
どんどん逞しく、そして優しくなっている。

そして、表情がとても美しくなられた。
根っこを張り巡らせた心に、綺麗な花が咲いた。
そんな表情を拝見できるのは、無常の喜びである。

 

明日も多分幸せな気がする

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ