自分のハンドルを握る

車と道路

 

優しい言葉を、かけてくれない。協力してくれない。聞いてくれない。こうしてくれたらいいのに、、、

 

そのような言葉は、溜めた気持ちを出すという意識であれば、心を開放する有効な手段になります。そういう思いを誰かに伝えて、気持ちを一時的に安定させることも良い方法だと思います。

 

ただ、相手の動きに期待している内は、その人にずっとコントロールされることになります。

くれない族は、自分を生きる、自分らしく楽しく生きることと、相反する思考を持ちます。

「では、自分がどうするのか」という部分に意識を向けたら、くれない族から脱して、自分のハンドルを握れるようになります。

もし、人生の運転手になりたいなら、焦らずあなたのペースで、じっくりとしっかりと、自立への道を進めていけば良いと思います。

 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

助走