囲いの向こうの世界

 

 

「お墓まで、持って行こうと思ってました」

そう前置きをして、ポツリポツリと
今まで誰にも話さなかった、アタシの事を語り始めた。

 

そして、語り終えた時、
誰も知らないアタシは居なくなった。

 

何故かよくわからないけど、

誰かが知っていてくれる。
それだけで、背負っていた荷物を下ろすことが出来る。

そして、勇気を持てる事ができるんだと感じた時だった。

 

それは、蒸し暑い夏の日差しが、
何故か爽やかに感じた思い出の時間。

 

いつも幸せを願っています

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
出来るだけ毎日書こうと心がけています。
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

お気軽にお声がけください。