防戦一方

街の風景

 

やり過ごすということは、
ひとつの有効な対処方法だったりします。

傷ついても、苦しんでも、
出血を最小限にして、無下に動くことを控えます。

明日、朝日が昇るように
いつか穏やかな風が吹く時が来ます。

もちろん、
その場から離れるという方法もあるでしょうが、

ここに居ることが大切だと感じる時は、
その思いに従って時を過ごしてみる。

防戦一方はクレバーで最良の作戦だったりします。

 

時を信じ、自分を信じ、
自分の作る歴史を信じましょう。

 

これからの幸せを信じています。

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

スッキリ

次の記事

飛ぶ鳥よ更に飛べ