ほっこり(#106)

鬼まんじゅう

 

Question: 身近な「ほっこり」した経験をひとつくださいな。(くれたけ#106)

近所におまんじゅう屋さんがあります。

いつ行っても、何個買っても、「一つ召し上がってください」と言って、購入するものとは別のお饅頭をおばちゃん(おばあちゃん)が、紙の袋に包んでくださいます。

そして、お支払いも端数をおまけしてくれます。

今はシステム上難しいことかもしれませんが、このお店におじゃまさせていただくと、何かほっこりした気分になります。曖昧さの素敵さを感じさせていただきます。

良い意味で昭和の香りがする名店なんだなって思います。お味もほっこり

 

今月のQuestion(その2): 身近な「ほっこり」した経験をひとつくださいな。(くれたけ#106)

※くれたけ心理相談室の質問コーナー、カウンセラークエスチョンはこちら

 

これからの幸せを信じています。

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

One thought on “ほっこり(#106)

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

成長する時

次の記事

その道