透明になりたかったこと(#26)

今月も今日で終わりですね。一ヶ月間、お楽しみ様でした。

 

くれたけ10月の質問は「穴があったら入りたかった話」です。
あやまちの多い人生ですが、3つだけあげさせていただきます。

 

驚き

 

ひとつめ:その昔、ケーキ屋さんで真剣にケーキを選んでいた時、自動ドアのピンポーンという音と同時に「いらっ(しゃいませ)!」と条件反射してしまった。

※当時飲食業をしていて、お店の音と一緒だったのでつい。(はやく包装してくれーーーっと心で叫ぶ)

ふたつめ:酔っ払ってマンションの階を間違えた。

※そういう時に限って、上機嫌で覗き穴めがけて変顔をしていた。(下階の奥さんの笑顔がしばらく怖かった)

みっつめ:二回目のデート待ち合わせで、驚かそうと後ろから両手首をつかんだら人違いだった。

※その方は「はっ?えっ?はい?」って感じで真っ赤になっていた(ボクは青ざめていた)

 

いろいろすみません。。。

 

あなたの「穴があったら入りたかった(泣)」話を聞かせてください(くれたけ#26)

明日も幸せ

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

透明になりたかったこと(#26)” に対して1件のコメントがあります。

メッセージはお気軽にどうぞ