新しいステージへ

挑戦

 

10人の人に聞いたら10人に、
「それは違う」と言われるかも知れません。

でも、もしそれが、自分自身の中の、
本当の真実と感じているなら、

やり通す事で、不正解と言われる事は、
正解になる場合もあります。

批判されても、中傷を受けても、
それを感謝に替えて、
やり切る意思を持った時、

新しいステージが開き、

そこには、
すべての人が歓迎してくれる場があるのでしょう。

 

いつもここにいますから

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
出来るだけ毎日書こうと心がけています。
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

新しいステージへ”へ4件のコメント

  1. さとり より:

    SECRET: 0
    PASS:
    現世ですごいと思われることをしてした方達は皆さん…そうしてきたんでしょうね‼

  2. マミーM より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なるほど…
    やり通すことで、さらに確信を得られ、革新できるのですね。
    強い志を感じるとともに
    少し、切ない気持ちにもなりました。
    もし、その10人の中に、私がいたとしたら
    私も一緒に、新しいステージが開くのを見てみたいので
    私に、何かできることはないかなって、思うと思います。

  3. のん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    自分の軸がしっかりした時には、周りからのどんな反応にも客観的でいられそうです。
    新しいステージはとっても自由なのではないかなと思いました。

  4. cucinaT より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ひとにはさまざまな価値判断があると思いますが、
    前例がないとか、可能性が低いとか、そのことに付随するわかりやすい基準にとらわれすぎて、本質を見失うこともあるんでしょうね。
    それらを吹き飛ばして、頑張り通すのに必要なのは
    思いの強さや情熱や、若さかもしれませんね。
    読ませていただき、
    歳は取っても、この部分が若くいられる人になりたいと思うようになりました。
    こどもたちの選ぶ将来を知った時にも、そうありたいですが…
    ついつい、留年しないでほしいとか、安定した就職先が見つかってくれればとか、
    失敗しないように…と思ってしまう私です。
    自分だって親の反対を押し切って来たのにね、と
    竹内さんに思い出させてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

全部自分

次の記事

エール