色とりどりの風船

 

何かを手放すタイミングって

現実をしっかり見てないと、
わからなかったりします。

 

手放すものって、当たり前ですが、

握っていなければ、
手放せないものだったりします。

 

そして、握っていたものは、
決して要らないものだったのでなく

必要で感謝できる、ありがたいものなのです。

 

それを理解して手放せると、
いろんなものが、それぞれに幸せに向かえるのです。

 

しっかり見ていれば、
避けれない弾はこないから、

流れ弾も避けれることがわかるし、
希望も湧いてくるのです。

 

いつも幸せを願っています

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
出来るだけ毎日書こうと心がけています。
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

お気軽にお声がけください。