誰かの方法論

がんばってる君に、「がんばらないで」というのは、
もしかしたら、失礼なのかもしれない。

「気楽にいこう」という言葉も、邪魔なのかもしれない。

がまんしている君に、
「がまんしないで」というのも、違うのかもしれない。

 

いろいろ足したり
混ぜたり、かけたり

そうして、
言葉って、シンプルになっていく。

 

どんな時も、
君が「これを伝えたい」と思う気持ちが、正解なのでしょう。

一般的な評価が「誤りである」というジャッジを下しても、
それが正解なのでしょう。

 

決まった方法論なんて、どこにもなくて、

愛する人の心の声に、耳を澄ますことで、

その人の喜ぶ心地よさが
あなたの中から、導かれるものなのでしょう。

誰かの作った方法論は、
その誰かのためにしか、存在しないのかも知れない。

 

一所懸命

必死こいて

ただただ

あなたの愛するひとが
どんな気持ちでいるのか

考えて出た言葉が、
正解なのでしょう。

野菜たち

 

明日も多分幸せな気がする

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ