それを「希望」と名づけよう

ミュージシャンの佐野元春さんが、
とても感慨深い詩を、オフィシャルファンサイトに載せられてます。
◆それを「希望」と名づけよう
http://www.moto.co.jp/hope/

これからの幸せを信じています。

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

竹内嘉浩のスケジュール確認・ネット予約

竹内嘉浩のカウンセリング・コンサルティングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

それを「希望」と名づけよう”へ1件のコメント

  1. cucinaT より:

    SECRET: 0
    PASS:
    さすが佐野元春さんですね、そしてこの一節を発見された竹内さんも。
    そうなんです。震災の翌朝のまぶしい朝日、今も忘れられません。
    屈服しながらも、また生きる力を自然から変わらず与えられている我々、複雑な感情をどうしても私はうまくいい表せませんでした。
    何を書いても偽善に感じ、ブログを止めようかとも思いました。
    竹内さんのブログを何度も読み返し、指針にさせてもらえたら、気持ちも持ち直せるような気がします。
    ありがとうございます。

メッセージはお気軽にどうぞ

前の記事

■最短距離

次の記事

■手帳