キライ

女性

 

世界一愛してると思っていた彼と、
大喧嘩をすると、世界一キライになったりします。

それは、
好きというベースの上に、キライが乗っかってるのです。

 

もし、我が子が嫌いだと思う感情がもしあるとしても、
好きというベースがあるからかもしれません。

そして、
キライという自然な感情を持つことに罪悪感を感じると、
キライという生き物が、増えていくのかもしれません。

 

なので、

キライという感情があるのよね。と、
ただ認めれたら、

キライから卒業する時が来たりします。

 

そんな気持ちにもなるわよね。と、
ただ手放せたら、

感情の底にちゃんとある、好きが見えてきたりします。

 

ホントはどんな感情を持ったとしても、
すべてOKなのです。

今のままで、OKなのです。

 

明日も幸せ

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

キライ” に対して1件のコメントがあります。

  1. マミ☆ より:

    もしかしたら、根底に「スキ」という気持ちがあるから、堂々と「キライ」と思えたり、言えたりするのかも知れないですね(^^)自身の意識では「スキ」が信じられなくても、無意識で信じてあげられる・・・・改めて、人間の奥深さを感じました。
    有難うございます♪^^

    1. 竹内 嘉浩 より:

      マミ☆さん 人の心理は実に興味深いですね。理解しようと務めることが、よりよい人間関係につながると思います(^^) いつも、ありがとうございます!

メッセージはお気軽にどうぞ