茶の露 ほろり

こしあん派かつぶあん派かという話を、この方としていました。

どちらも好きですが、どちらかと言えばこし餡派かな。。
甘さを控えめに主張してくれる感じが好きです。

子供の頃からの三大定番和菓子は、
赤福と、焼いた納屋橋饅頭と、大蔵餅さん。

こちらは、
京だんご 藤菜美(京都)さんの「茶の露 ほろり」

茶の露 ほろり

とってもきめ細かで、はじめて口にする様な透き通った食感です。
使っている水が良いのかなー 爽やかなお味でした。

つぶあんも抹茶の寒天とマッチして、とってもおいしかったですよ。

ごちそうさまでした^^

明日も幸せ

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

茶の露 ほろり” に対して1件のコメントがあります。

  1. より:

    甘いものを心おきなく味わえるときは、本当に幸せですね。
    「焼いた納屋橋饅頭」というところが、生粋の名古屋人。通、ですね。私も大好きです。
    おいしそうな京だんご、名古屋の百貨店でも催事販売の予定があることをチェックさせていただきました。
    今は、大好きな人が送ってくれた加賀百万石の銘菓を味わっています。最高に幸せです。

    1. 竹内 嘉浩 より:

      雲さん

      そうなんです。ストーブの上で焼いて食べる納屋橋饅頭が、冬の極上の幸せだったりします^^
      金沢や富山の銘菓も、おいしいですよね~ 好きな方からの贈り物なら尚更ですね♪

      今日も素敵な一日を、お過ごしくださいませ。

メッセージはお気軽にどうぞ