■投げる

小学生の頃、近所に川がありました。
ある日、
向こう岸へ届くようにと、小石を投げてみました。
小石は途中で失速し、川の中にポチャリと落ちました。
届けと願いながら、何度も投げてみました。
しかし、
何度も投げても届きませんでした。
それから、
学校が終わると、ほぼ毎日小石を投げていました。
それでも、
願いに反して、向こう岸に届くことはありませんでした。
次第に小石を投げる事自体が習慣になり、
習慣になった頃に、
小石は向こう岸に、すんなり届くようになりました。
Ripples & sparkles - 無料写真検索fotoq
photo by tanakawho
届かせるという執着から、
投げるという行動自体に意識を向ける事で、
余分な力が抜けたのでしょう。
とても貴重な体験でした。

明日も幸せ

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

■投げる” に対して1件のコメントがあります。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    本当に貴重な体験ですね(^-^)/
    余分な負荷がかかっていたのでしょうか?
    ただ投げるという行為にフォーカスしていくうちに目標達成になったのかもしれませんね!
    貴重なお話をありがとうございましたo(^▽^)o

  2. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    届かせよう届かせようとすると、
    肩に余分な力が入るのですよね・・・
    体感できたことが、未だに印象に残ってます。
    ありがとうございます。

メッセージはお気軽にどうぞ