■うけいれること

才能は、いつ開花するかわかりません。
10代かも知れませんし、80代かも知れません。

開花する要素として、現状を受け容れる心を持つ事は、
とても大切かと思います。

受け容れるという事は、現状に甘んじる事でも、
夢をあきらめる事でも、妥協する事でもありません。

学習障害児の完全個別指導教室をされていらっしゃる、
カフェ・ドゥ・グランさんが、とても素敵なブログを書かれています。

「あきらめること うけいれること」
http://ameblo.jp/cafedeglan/entry-10903437290.html

そして、受け容れる心は、
誰かに向けても、自分自身に向けても、同じことなのでしょうね。

明日も幸せ

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

■うけいれること” に対して1件のコメントがあります。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。
    諦めるのではなく受け入れる♪
    そのとおりですね~
    似ているようで大きく違うと思います。
    不登校から私も学ばせてもらいました。
    素敵な記事をありがとうございます(^_^)v

  2. SECRET: 0
    PASS:
    うんうん!あきらかに認めるですね^^
    竹内さんおはようございます。いつも素敵な記事をありがとうございます。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます。
    かく言う私も受け入れられるようになったのは最近なんですけどね^^
    そうしたら
    周りに良くも悪くも色々な変化が・・・
    そしてその変化をまた自然に受け入れられる自分がいる。
    あるがままに生きる ってそういう事?なんてふと思った瞬間でした。
    ありがとうございます。

  4. たぁちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    諦めているのか、
    それとも
    受け入れているのか。
    私にはまだ分からないです。
    一度立ち止まって振り返る
    いい機会になりました。
    ありがとうございます(*^▽^*)

  5. zeal より:

    SECRET: 0
    PASS:
    受け入れるって、案外難しいんですよね。
    客観的にはそーだそーだと思うんですが、
    自分や身近な人のことになると途端に見えなくなってしまうことがあります。
    気をつけます。
    ありがとうございます。

  6. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ウチの子供の一人も、不登校になった時がありましたが、子にとっても親にとっても、その経験はかけがえの無い財産だと今は思ってます(^^)
    ありがとうございました♪

  7. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます!
    この日は、人の力を拝借してずっこしました(笑)

  8. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    勝手に紹介させていただき、スミマセンでした・・・
    あまりにもかっこよい記事だったので、許してくださいね(^^)
    いつも、ありがとうございます!

  9. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ご自身に疑問を投げかけられていらっしゃるので、そっかーーーーーっ!って思われる日が、必ずやってくると思います(^^)
    いつも、ありがとうございます♪

  10. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですよね・・・
    そんな経験をしながら、徐々に自分の実になっていくのかなーって思います。
    いつも、ありがとうございます♪

  11. Mayu より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつもブログ拝見させていただいています。
    私の娘も少しのんびりちゃんで、
    最近やっと『受け入れる』ことができるようになりました。
    受け入れることは難しく思うこともありますが、
    以前よりも気が楽になりました。

  12. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お気が楽になられてよかったですね(^^)
    素敵なコメントと、いつもご覧いただいている事に、
    心より感謝申しあげます♪

メッセージはお気軽にどうぞ