■いいじゃないの幸せならば

昨日は、良い休日を過ごさせていただきました。
起業したての頃は、
「経営者は、休日が無いのが当たり前」という概念がありました。
休む事は、罪悪という意識があったかも知れません。
その後、
「時間の余裕を持った経営者」を目指しました。
充分な時間のゆとりを持った経営者が、優秀だと思ってました。
そして、
殆ど仕事をしない時期を、2年ほど続けました。
結果、
それらの概念は、どうでも良い事に気付きました。
自分自身が心から望んでいれば、
スケジュールがタイトであろうと、無かろうと、
どちらでも構わないのです。
心にゆとりや豊かさを感じていれば、
そのテンポが、「今を幸せに生きている」という事なのでしょうね。

明日も多分幸せな気がする

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

■いいじゃないの幸せならば” に対して1件のコメントがあります。

  1. はに より:

    SECRET: 0
    PASS:
    心から笑えるゆとりがあれば、どういった時間の使い方をしていようと満たされている証拠ですよ。
    私たち、幸せになるために生きてるんだから!

メッセージはお気軽にどうぞ