実際のカウンセリングの流れ

実際に、心理カウンセリングが どのような流れで進んでいくのかということについて これからご説明をさせて頂きます。

①主訴(何に困っているか)の聴取

はじめに会話の中で、あなたが「何に困っているか」「何に迷っているのか」について自然に伺います。

「何に困っているか」は人それぞれですので、どんな内容でも、どんなことでもお話しいただいて構いません。「こんなことで、カウンセリングに来ちゃっても いいのかな?」と、思われる方こそ良いタイミングだと私は解釈しております。心に抱えている悩み、過去のこと、現在のこと、未来のことなどご自身が「悩 み」や「問題」と感じていらっしゃることを引き出し、カウンセラーと共有します。

②「現在の状況」とそれに関わることについての把握

竹内がお話を伺い、時に質問などを通して、「自分」の「現在の状況」や立ち位置を明らかにしたり、自分を外側から客観的に見ることを目指します。カウンセラーは、クライエントさまの視点に立てるまで、「状況が目に浮かんでくるように」イメージできるまで、徹底的にお話を伺います。

そんな中で、カウンセラーは、あなた自身の「鏡」となり、ご自身の姿を映し出すことを目指し、状況だけでなく、感情の共有化をします。

③「目指すもの」へのアプローチ

「現在の状況」と「目指すもの」の統合を目指します。竹内と話をすることで、さまざまな角度から自分をとらえ、自分でも意識してこなかった側面を 見ることができるかと思います。また、リラクゼーション法やインナーチャイルドワーク、各種ワークなどを含め、それぞれの方に合った方法で、ベストの方向への引き出しのサポートをいたします。

心の状態に応じて対応をさせていただきます

以上が大まかな流れになります。竹内のカウンセリングでは、1-3までのステップをワンセッション(90分又は120分)で行うことが可能な様に基本的には設計させていただいてます。(但し、あなた様がじっくりとステップ を踏まれることを望まれる際や、カウンセラーが各ステップで時間を要すると判断したは、その限りではございません)

 

最後に竹内特有のメソッドについてお話させていただきます。