杞憂粉砕

ブランコに乗る子供

 

杞憂(取り越し苦労)

振り返ってみると、多くの出来事に、
しなくても良い杞憂があることに気付いたりします。

なにか先のことに不安がある時、
深呼吸でもして、過去に湧き上がっていた杞憂というただの幻を、
確認してみるのも良いかもしれません。

そういえば、あの時も取り越し苦労だったな。。。なんて

意外にすんなり落ち着いたりする時もあります。

 

望む未来を、
出来るだけ明確に、イメージすることも良いと思います。
(わかってるよ~って思った方、量が足らないと思います)

不安にフォーカスしていくと、自爆しちゃうので、
他のことに意識を向ける。時間を置いてみるのも一つでしょう。
(できれば、さっさと寝ちゃう)

不安というものは、放置プレーがキライです。

 

あとは、不安を自分自身で引き寄せている場合があります。

いつも不安を抱えている方は、口癖が不安な言葉になっています。
もし気付いたら、気をつけて排除していくことも大切です。

「大丈夫」や「イケル、出来る、やれる!」を
杞憂の上に、上書きしてみてください。

 

自分自身のイメージ(セルフイメージ)も、
チェックしてみてください。

自分の望んでいる姿を、
口に出して自分に説明してあげてください。
(鏡を見てするとより効果的です)

取り越し苦労をする
=先に起きるトラブルを回避する能力がある。
という良き面もあることも確認してください。

 

不安を吐き出す。のも一つですが、

プロに吐き出す以外は、
吐き出す前に、「吐き出したらスッキリするんだ」と
必ず自分の心に決めてからしましょう。

出来ることから、無理せずに
やってみてください。

でも、どんな小さなことでも良いので
やれることを継続してくださいね。

 

Question:いつも取り越し苦労をしてしまいます。そんな自分が嫌です。解決する何か良い方法があれば教えてください。(記述は短くまとめさせていただきました)

 

ご質問ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。

 

今日も良い天気です

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)

There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ