目の前にある

雷

 

急に土砂降りになりました。
そして、雷が鳴りました。

雷が鳴るということは、
新しい世界が始まる。という意味があるそうです。

信憑性があるのか無いのか、わかりませんが、

「そうなんだ♪」と良き解釈をされた人は、
本当に何かが始まるのかも知れません。

 

目の前に、大きな大きな扉があります。

でも、それは
手を伸ばせば意外にスムーズに開けれる
扉なのかも知れません。

それを開けると、
きっと爽やかな風が吹いているのでしょう。

 

きっと良い日になるでしょう

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ