誰が為に

海と人

何らかの事情で、
長い年月を、誰かのために使って来た人は、

どこかの時点で、転機が訪れたりします。

 

それは、行動の蓄積がある程度までいくと、
自然にお役目は開放され、

それまで見えなかった大きな木から
沢山の実が成り始めます。

 

少なくはない方の
そんな実の成る経緯を、実際に見せていただきました。

そして、その方達に共通する事は、

誰かの為に使っている時間に対し、
淡々とこなしているか、
笑顔で過ごしていらっしゃるという事です。

 

もし、ぐちや文句が出ていたなら、
それは、ちょっとずつで良いので、
少なくしていくほうがトクだと思います。

 

心の中も、何を蓄積していくかで、
人生は大きく変わると思います。

誰かの為にしていることも、
負の感情で積み重ねると、
実りの木は枯れてしまいます。

どうせやらなければならないことなら、
楽しみを見つけていきましょう。

今そうでないなら、休み休みで良いので、
少しずつでも変化をしていきましょう。

 

いつからでも、遅いということはないのです。
相手も自分も、結局はひとつなのです。

 

きっと良い日になると思います

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ