すし食いねえ

寿司

人間の味覚自体は非常に曖昧なものらしく

嗅覚(料理の香り)やお店の雰囲気、そして一緒に居る人で、
人は味というものを判断する傾向が高いそうです。

 

そして、恋人や夫婦の相性として、趣味やその他のものが合わなくても、
食べ物の好みが共通しているカップルは、長続きしやすかったりします。

 

ちなみに、ウチのミーティングで初参加の人には、
名前と一緒に好きな食べ物を言ってもらうようにしています。

共通項があれば親近感を覚えますし、
食事に行くシーンがあれば、好きな食べ物を囲んだほうが
話も弾みやすかったりします。

 

なんとなく好意を持つ人と、食の好みが合わない場合は、

相手の食の好みを一緒に共有してみることで、
今まで遠ざけていた食べ物が、意外においしく感じられたりします。

そうなったら、前に進んでもいいんじゃない?という、一つのシグナルなのかもしれません。

 

夫婦や家族も長く一緒に居るようで、会話ができる時間が、
食事をする時に限られているという家族も多かったりします。

 

年末年始、食卓を囲んで楽しい会話がありますように。

 

きっと良い日になると思います

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ