言葉と表現

ネット上には、言葉が溢れている。多くのありがたい恩恵をいただける。
言葉が溢れているから、時に、そこに込められた意味を、じっくり考えてみる。

本物から発する言葉には、少ない言葉でも、
魂がぎゅっと濃縮されている、あたたかみが溢れている。

執筆もされている、とある富豪の方と、本の事で話をさせていただいたことがあるが、一行の文章に関して、どれだけ深みのある気持ちが込められているかを知った時、言葉を見つめる事の大切さを知る。

その時から、読書のスピードが落ちた。一行に3日かかることも。。。

それは極端かもしれないが、言葉の反面を考えてみる。

キーボード

発信する側として、不用意な言葉で、誰かを傷つけていないか。
不用意なネガティブな言葉を発信して、読み手に不安を与えていないか。

発した言葉を、前からだけで無く、横から後ろから、見つめてみる事も必要だと思う。

自分の心に素直なことは、とても大切。
ただ、表現する方法や表現する場所は、考えなければただの自分勝手になる。

今日もありがとうございます

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹 代表
There is no time like the present.

心理カウンセリングのご予約 
経営コンサルティングのご予約

メッセージはお気軽にどうぞ