つかんでいるもの

その人は、目に涙を浮かべ黙っていた。
自分の不甲斐無さに、腹を立てていたのか・・・
このままだと、負のスパイラルにはまってしまうかも・・・
今が、伝えるべきタイミングだと感じた。
少しキツイ言葉を、発したかもしれない。
しかし、現状を認識する事で、もっと楽になると感じた。
立っている足元は、
目も眩むような谷底だと錯覚している。
だから、ロープにしがみついて、必死に上によじ登ろうとする。
しかし、上によじ登ったとしても、そこには何も無い。
ロープから手を離せばよい事。
何故なら、もともと足は地についているのだ。
つかんだ手を離して良いもの。
もしかしたら、あるのかも知れないですね。
***ご連絡です***
12月13日(土)名古屋にて
大島修治さんの、チャリティー講演が間近となりました。
まだお席の確保が可能ですので、宜しければお越しくださいませ♪
詳細はこちらです↓
http://1213.kuretake.info/syousai.htm

きっと良い日になると思います

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

つかんでいるもの” に対して 0 件のコメントがあります

  1. 香瑠 *kaoru* より:

    SECRET: 0
    PASS:
    錯覚・・・
    思い込みって、あまり良い結果を生みませんよね☆
    ・・・気をつけます!!!(笑)
    自分の「手を離して良いもの」もちょっと考えてみようかな♪
    と、思えました!
    いつもありがとうございます(^人^)

  2. ムーミン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    話がそれてしまいますが 森田健さんの著書に『ハンドルを手放せ」っというのがあったのを思い出しました。ジェットコースターとかも思い切りしがみついてるよりも手を上に大きく万歳してるほうが怖くないんですって。ためしたことないですが・・・。人間 長く生きてると たくさん両手にいろいろなものを抱えてきて それを手放すことにとても 臆病になりますよね。でも 一度 もといして 考え直したりするのも ひとつなんでしょうね。

メッセージはお気軽にどうぞ