涼しげな贈り物

私と同じ苗字の友人から贈り物が届く。
彼とは、同じ高校を過ごした仲間。
高校時代、彼は野球部、私は柔道部だった。
ある時、冗談でユニホームと柔道着を交換して、
お互いの部活に参加していたら、先生にめちゃくちゃ怒られた思い出がある。
もう一人の竹内クンはカラオケに行くと、いつも所狭しと踊りながら歌っていた。
まるでタコが踊っているようで(失礼)一緒に行く人は、いつも大笑いであった。
そんな彼は大学卒業後、仏壇屋に就職をしていたのだが、
30代半ばに、突然退職をし中国に渡った。
中国の大学に通い、卒業後も向こうでの生活を続けていた。
数年前は、「仕事が無い~、飢え死にしちゃうよ~」と
メールをもらった事もある。
その彼から突然、直筆の色紙と画集をいただく。
彼が絵を描く事を全く知らなかったし、経緯も詳細も良くわからないが、
以前毛沢東没後20周年記念の画展で、銀賞を受賞したらしい。
そして、飢え死にしそうだった彼は、
現在、中国の大学講師としても活躍している。素晴らしい!
今この瞬間を点で捉えた時、とても辛かったり、苦しく感じるかも知れない。
しかし、ストーリーはまだまだ続くのである。(続編もある)
多くの方の逆転劇を、身をもって感じさせていただいた時、
沈んでいる時期が、とてつもなく価値のある時なのだと気付く。
だからこそ、今この瞬間を念を入れて生きる。
それが、線になって繋がっていくのだと再確認させてもらう。
そして彼はいつも、人を笑わせてくれた。
それが徳を積んでいった中の、ひとつでもあるのでしょうね。
映画の逆転劇になぜ人は、興奮するのでしょう。
それは、自分自身の姿を投影しているから。
ステージは違えども、
幸せになる遺伝子は全ての人が持っていると思う。
でなきゃ、この世には居ないはず。
彼と共に、水の中で泳いでいる金魚が、
暑い夏に、清涼感を感じさせてくれた。
いろいろ、ありがとう♪
やすはる

きっと良い日になると思います

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

涼しげな贈り物” に対して 0 件のコメントがあります

  1. chii787 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ペタ、コメントありがとうございました♪
    沈んでいる時期…ホントにそうですね…山登りした時、歩きながら考えたんだ…山道って人生と同じだなぁって!谷に沈んでいる時…沈んでいる時が大事なんじゃないかって…その時にヤケになるかそれともありのままを受け入れてひたむきに誰のせいにもせず明るく前をみて生きて行くかで次に来る山(良いこと)の大きさが違ってくるのかも…そして次に来る山の前には必ず平坦な道があって…大きな山を越える為の呼吸を整える時間も与えられたり…お友達はちゃんとその波に乗れたんだね凄い!

  2. erigel より:

    SECRET: 0
    PASS:
    昔からおちゃめさんなんですね。(笑)
    学生時代を楽しんでる姿が目に浮かびました。
    どんな経験も、辛い経験でさえも、過ぎ去れば不可欠な経験なんですよね。
    今を生きよう(^3^)/

  3. womanspower より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「沈んでいる時期が、とてつもなく価値のある時」
    とても心に沁みます。
    いろいろな方のお話を聴いていると、本当にそう思います。
    ただ、それに気付いていらっしゃらない方が多く、
    そのことをお伝えするのが自分の役割だと思っております♪
    良いお話をありがとうございました。

  4. ムーミン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お友達も素敵ですね。 たった一度の人生 後悔したくないですものね。でも きっと 勇気がいったことでしょうね。学生時代の友人と交友があってうらやましいです。私は転校が多かったので 今でもお付き合いしている 学生時代の友人がいません。これからも たけさんの更新楽しみしてます。

メッセージはお気軽にどうぞ