ふたつの傘

作られた用件が
二人をテーブルに囲ませた
その問題は、自分の役割では無いことを知り
男は、この場を去る事が必要だと察した
目の前の人と、あの頃の想い出を再現しても
その少し疲れた顔が、元気になる事は無い
寂しくても、悲しくても
君は君で、歩んで欲しい
向かい合うテーブルより
僕らの距離は、もう近づく事はないのだから
愛した人は、これ以上傷付けたくはないと
男は思う
そして、想い出が彼女の中で、
いつか笑顔に変わる事を祈る
男は無言でテーブルから立ち、会計を済ませた
雨の降りてきた道に開かれた、
ふたつの愛は、ゆっくりと距離を作っていった

良き一日でありますように

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ